岸和田城


岸和田城の歴史を訪ねる。
P1000679.JPG


天守閣入り口
P1000680.JPG


城門
P1000684.JPG


岸和田城
P1000677.JPG


隅櫓
P1000675.JPG



P1000685.JPG


二の丸跡
P1000681.JPG



岸和田城
通称: 岸ノ和田城、滕城、蟄亀利城、千亀利城

城郭構造: 輪郭式平城

天守構造: 複合式層塔型5重5階(1619年改)

現在:復興天守(1954年再)

築城主: 信濃泰義か

築城年: 応永年間(1394年-1428年)

主な改修者: 三好義賢、小出秀政、岡部宣勝

主な城主: 小出氏、岡部氏

廃城年: 明治4年(1871年)

遺構: 石垣、堀

指定文化財: 大阪府史跡

再建造物: 復興天守、櫓・門



岸和田城
建武元年(1334年)前後に、和田高家が現在の岸和田城跡から約500m東(野田町1丁目周辺)

に岸和田古城を築城。「岸の城」とも言われた。その後『日本城郭大系』によると信濃泰義

によって現在地に移築されたとしている。

羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され、その急ごしらえで造られていたものを、

小出秀政が5重天守を上げる本格的な構えとした。松平康重の代に総構えと城下が整備され、

岡部宣勝の頃、城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町が増築されている。文政10年(1827年)

に天守を焼失。以降再建されないまま、明治4年(1871年)に廃城とされ、まもなく破却された。

岸和田城は猪伏山(いぶせやま)と呼ばれた小高い丘の上にあり、本丸と二の丸を合せた形が、

機の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ていることから蟄亀利城(後に千亀利城)と呼ばれる

ようになった。城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、縁結びの神社として

知られている。桜の季節は花見の名所となる




日本の「城」巡りTOP





posted by takyojiji at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。